神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




湯浅町散策 � ノスタルジックな町並み湯浅町 -有田郡・湯浅町- :: 2011/12/13(Tue)
湯浅駅からテクテク。。。。
熊野古道でもある湯浅の町。

恥ずかしながら、今まで熊野古道は1本の道のことをいうのだと思っていました。
熊野神社に参拝する何本もの道をいうのだそうで、湯浅町は道中ここだけ商店街を通っているそう。
 




JR湯浅駅から5分も歩くと、古い町並みの佇まい。。。

湯浅2-1




いくつかの商家の中に無料で入ることが出来ます。

MAPやパンフレットが置いてあり、公衆トイレもあります。
中に入れる建物では、休憩も出来るので助かります。
(町並みの所々にありました。)

湯浅2-2





商家の中は当時の生活風景を再現しています。


湯浅2-3





京都や奈良とも違う雰囲気は、潮の匂いがするからでしょうか~*

湯浅2-4



格子の町を地図を片手にてくてく。。。
切子格子、出格子など格子にもいろいろあるそうですが、見分けはつきません^^:





格子に付けられた飾りは、 「せいろミュージアム」  

湯浅2-5

町並み全体を民族資料館に見立て、湯浅町にゆかりのある詩歌や古民具をせいろや
麹作りに使うもろ蓋を使って展示しています。
ひとつひとつ見てまわると結構時間がたちます。





こちらのお地蔵さんのある道から先に進むと、
「湯浅町伝統的建造物群保存地区」 へ続きます。

湯浅2-6


この日は風は強かったですが、日差しが暖かく散策するには気持ちのいいお天気でした。
この辺りまで、せいろの中を見たり、商家の中に入って、ゆっくり歩いて40分くらい。

醤油の香りがするノスタルジックな湯浅の町へ散策は続きます。。。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 


湯浅町
  (hp) 和歌山県湯浅町湯浅

湯浅の町は、熊野詣の宿泊や港町として栄えました。鎌倉時代に中国から伝わった金山時
味噌から醤油作りが発達しました。北町、北家鍛冶屋町、北中町、北浜町の4地区(6.2ha)
約130軒の古い建物が江戸時代から昭和の初めまで建築当時のままで残されています。


テーマ:近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル:地域情報

  1. ☆和歌山



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。