神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




カナダ旅行 ②-Ⅰ 「バンフの町散策とランチ」 :: 2011/11/07(Mon)
昨日は夜中の到着で何も見えなかった暗闇の景色が
カーテンを開けた瞬間に目の前に広がりました。

まずは宿泊したホテルの紹介です。 


 『The Rimrock Resort Hotel』 (リムロック リゾート ホテル) 

1-2





バンフ国立公園の中では、まわりの木より高い建物が建てられないため
玄関から見ると3階建てに見えますが、実際は7階建ての山の斜面を利用して建てられたホテルです。

カナダ1-1





15年位前に来た時は、お城のようなホテルに憧れて 「The Fairmont Banff Springs」に
宿泊しましたが、結構古いホテルなので快適な宿泊が出来なかった覚えがあります。
(Banff Springs Hotelは、国立公園に指定される前に建てられたので周りの木よりも高くなっています。)

1-7






大きなベッドには、クッションや枕が6個。バスルームにはバスタブがあります。
でも、こちらのホテルもトイレの取っ手が壊れていたり、カーテンレールが天井から
外れているためカーテンが全部閉められなかったりと色々とありましたが。。。^^:

1-3





ラウンジにもなるロビーでは夜には暖炉に火が入ります。

1-17





朝食は、カナディアンロッキーの山を見ながらいただけます。
シンプルなメニューですが、カナダらしく生のサーモンがありました。

1-8





フレンチトーストにヨーグルトや果物。毎日こんな感じでした。

1-4

The Rimrock Resort Hotel  (hp)
300 Mountain Avenue, P.O. Box 1110, Banff, Alberta T1L 1J2
バンフの町からは離れていますが、バンフの町と行き来が出来る巡回バスのバス停にもなっているので便利です。
ホテル宿泊者はカードキィーを見せると無料で乗れます。(40分に1本運行)
通常は、CA$2/1回やCA$5/1日、その他にも3日パスや月単位の定期券もあります。
バンフ ゴンドラまで徒歩約10分、バンフ アッパー ホットスプリングスまで徒歩約5分。






朝食後、ゴンドラを乗りに行きました。
乗り場まではホテルから歩いて10分くらいの所にあります。

ホテルのまわりではポプラの木が黄色く色づいていました。

1-5




 『banff gondola』 

1-6

banff gondola  (hp)
ゴンドラに乗って標高2285mのサルファー・マウンテンの頂上へ行くことが出来ます。
カナディアンロッキーの山並みやバンフの町やボウ川、ボウ谷が見渡せます。
ゴンドラを降りてから整備された道を散策することも出来ます。
シーズンによって営業時間が細かく異なるようです。(往復CA$29.95+連邦消費税5%) 
バンフの町からのアクセスは、巡回シャトルバス「ルート2」で終点がゴンドラ乗り場です。






ゴンドラの中から撮影。
宿泊しているホテルの緑の屋根が見えてきました。

1-9





ゴンドラが山頂近くなると、カナディアンロッキーに囲まれた小さなバンフの町が見えます。

1-11



1-10



  父親にはゴンドラ乗り場のベンチで
  待ってもらって散策します。
  
  階段、坂道ありで標高も高いせいか
  息を切らしながら歩きます ^^:







頑張って歩くと、この景色を見ることが出来ます 

1-18

 



ゴンドラ乗り場には 「ルート2」 の巡回シャトルバスのバス停があるので、
ゴンドラで降りて来た後、そこからバスに乗りバンフの町へ出掛けました。




『バンフアベニュー』

カスケード山を正面に見る町並みはバンフの象徴。

1-12

この景色のことを父はよく話します。「バンフの町から正面に見える山の景色が忘れられない」と。
人それぞれ、思い出の場所や忘れられない場所があると思います。父はハワイ、オアフ島のカラカウア通りと
このバンフの町がいつまでも心に残っているようです。
 







バンフの町は直線で2km程の小さな町に、レストランやお土産物屋さんが並びます。
町の中心には観光案内所や公衆トイレがあり、観光客に優しい町です。

1-14





この時期独特の夏の暑さが戻ってくるインディアン・サマーと呼ばれる
時期だったそうで、半袖でも十分歩ける暑さでアイスが美味しかった♪ 
(夜は冷えたようで、ホテルから見える山の山頂は雪が積もりました。)

1-13





ランチは、日本食を食べたいという父のリクエストに応えて和食のお店です。

1-13





 『杉 乃 家』 

1-15




あっさりうどんとお鮨にしました。
テーブル席、座敷もある広いお店です。

1-16

杉乃家
 225 Banff Avenue, Banff, AB
バンフの町の中心にある日本料理のお店です。
うどん、丼などから握り鮨まで、夜はお鍋などもあり居酒屋さんのような雰囲気になるそうです。


 
ランチの後、一度ホテルに戻って父親は夕食まで休憩。。。
私たちは、再びバンフの町に戻り端から端まで歩いて散策しました。
後編へ続く。。。


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. ☆海外旅行



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。