神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




カナダ旅行③ 「カナディアンロッキー観光」 :: 2011/11/10(Thu)
3日目は、今回のハイライト 「カナディアンロッキー」 一日観光です。
今回の参加者は、4組9人の少ない人数で観光バスを使うので、ゆったりです♪


ホテルを8時に出発。
往復200kmの長い観光の始まりです。



最初に訪れてたのは、バンフの町からバスで30分の場所にあります。


『Lake Louise』 (レイクルイーズ)

カナダ3-1

お天気が良くて本当に綺麗でした。
朝の冷たい空気にピリッと目が覚めて素敵な一日の始まりです。





レイクビューのホテル

『The Fairmont Chateau Lake Louise』

3-2

The Fairmont Chateau Lake Louise (hp)
111 Lake Louise Drive Lake Louise, Alberta Canada
バンフ国立公園内にあるレイクルイーズは、氷河から溶け出た成分によりエメラルド色をしている。
レイクルイーズの名前は、ヴィクトリア女王の4女ルイーズ・キャロライン・アルバータに由来しています。
ツアーでは、トイレ休憩にもこちらのホテルを利用しました。






車中から眺める景色です。
往復200kmの道は、こんな景色が続きます。

3-3





レイクルーズから約30分。
山頂の白い雪と紅葉の両方が見られるのは、この時期の風景。

『Bow Lake』 (ボウ レイク)

3-7

私は見なかったのですが、「世界の果てまでイッテQ」の番組で森三中の三人がボウ湖を眺めながら樽風呂に入るのを
放送していたとガイドさんが言ってました。番組hpで見てみると「温泉同好会!森三中の夏休みアウトドアスペシャルinカナダ」の
コーナーだったようです。こんな景色を見ながら温泉なんて気持ち良いだろうなぁ。。。 






その後訪れたのは、カラスの足跡の形をした氷河。

『Crowfoot 氷河』

3-4

段々と足の部分や山に隠れている氷河の部分の面積も少なくなって来ているそう。
道路脇に何年か前の写真が立ててありました。この先、足跡とわからなくなる日が来そうです。





こちらも感動的な湖。
エメラルド色の素敵な湖です。
山の向うの、その又向うにコロンビア大氷原があるそうです。

『Payto Lake』 (ペイトー湖)

3-5





トイレ休憩に立ち寄ったドライブイン。

3-6

The crossing は州道93号線沿いにあるドライブイン。コロンビア大氷原まであと52kmの所にあります。
もし、またカナディアンロッキーに来ることがあれば、カルガリー空港でレンタカーを借りて移動しながら
モーテルやロッジに泊まり、周辺をハイキングやトレッキングしてみたいと思いました。





12時30分、コロンビア大氷原の前にあるアイスフィールド・センター到着です。
2階にあるレストランでバイキングの昼食をとった後、1時間後に出発です。

この時はまだアイスフィールド・センターの2階の展望台から見えていました。



『コロンビア大氷原』

3-9




連絡バスに乗って氷河の近くまで行き雪上車に乗り換えて氷河の上にまで行きます。

降り立つと。。。 すごい吹雪!!
目も開けれないほど、寒いし、痛いし5分も立っていられませ~ん  

3-11





自由時間20分の間、雪上車に入って出ての繰り返しでした。
山の天気は変わりやすいとは言うけれど。。。

3-10





黄色い方は初代雪上車で青い方は2代目だそうです。
相当進化しています。 現在の雪上車のお値段は5000万円位だそう。

3-8

コロンビア大氷原・アイスフィールド・センター
ジャスパーとレイク・ルイーズ・ジャンクションを結ぶ国道93号線は、アイスフィールド・パークウエイと呼ばれるカナディアン・ロッキー観光の
ゴールデン・ルート。アイスフィールド・センターの前に広がるコロンビア氷原は一部がバンフ国立公園の北西端とジャスパー国立公園の
南部にあり面積はおよそ325 km²。氷の厚さは最大約350m。末端部であるアサバスカ氷河に、雪上車で上ることが出来ます。個人で参加する
場合は、アイスフィールド・センターで申し込み可能。日本人観光客の人数がまとまれば、日本語のガイドさんによる説明が受けれます。
この日は、JTBや近畿日本ツーリストなど4団体で1台貸切になり、その中の一人の現地ガイドの案内がありました。
 





アイスフィールド・センターの戻って来て見ると
こんな感じでした。。。

3-16


帰りは 200Km(約3時間)をトイレ休憩を入れながらひたすらバスは走ります。
行きはガイドさんの説明を聞きながら、帰りはシーンとした中で景色を楽しめました♪
日本には日本の良さがありますが、日本では決して見る事の出来ない景色の連続でした。






17時40分にバンフに帰って来ました。
ホテルかバンフの町か降車場所を選択することが出来たのでバンフの町で降ろしてもらいました。

父の心に残るのがわかります。 何度見ても素敵な景色です 

3-12




夕食は韓国料か中華料理で悩んで。。。
(明日はステーキを食べに行こうと思っているので焼肉はやめておこうという理由で)

中華料理にしました。

『SILUVER DRAGON RESTAURANT』 (シルバードラゴン レストラン)

3-13




無難に焼き飯やラーメンを注文。

美味しかったので、色々注文したかったのですが
一皿の量が多いので4品しか頼めず残念でした。

3-14

SILUVER DRAGON RESTAURANT 211 Banff Ave
バンフAVの通りOKギフトショップの建物の3階にあります。表通りからだと階段で上がることになりますが
裏側にエレベータがあります。日本語メニューもあります。アラカルト料理は、CA$14位が中心。
一人用からのコースもあります。(CA$17) 上記4品ドリンク別でCA$55でした。



お腹一杯になった後は、巡回バスでホテルに帰ります。
40分に1本なので時刻表をもらっていると便利です。 (私はバスの運転手さんにもらいました。)

明日は、父のリクエストに応えてボウ川下りと乗馬に参加します。


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. ☆海外旅行



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。