神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




灘目の水車  (東灘区) :: 2010/07/06(Tue)
2010.7.6

暑い日が続く中、を感じれる場所はないかなぁ~ と考える。
思いついたのは神戸市東灘区のHPで見て一度言ってみたかった場所。


          【灘目の水車 (なだめのすいしゃ)】

灘目の水車




住吉山手の閑静な住宅街。 長く神戸に住んでいてもこの辺りに来たのは初めて。
山田区民会館の側に2基の水車が回っている。

灘目の水車
灘目の水車灘目の水車灘目の水車




灘目の水車

  流れる水と水しぶきをあげて
  勢いよく回る水車の音が涼しげ

  住宅街の一角に井戸や水車あり
  昔のこの辺りの街並みはこんな
  感じだったのかなぁ~ と思わせる
  
  灘区から西宮市に至る沿岸部は
  「灘目(なだめ)」と呼ばれ、水車業が
  盛んだったことを初めて知った。


  まだまだ知らないことが多くて
  興味が沸いてくる~


灘目の水車 灘目の水車





思っていたよりも小さな可愛らしい水車だけれど 涼を感じるには十分。

灘目の水車 灘目の水車





水車がまわる風景がある街並みなんて素敵だな...

灘目の水車



灘目の水車

  住吉山手の街並み...
  道標には懐かしい ”国 鉄” の文字
  
  側溝を流れる水は勢いよくとても綺麗。 
  蓋をしないのがわかる。

  綺麗な水と緑と石垣の続く道
  ゆったりした雰囲気がとても素敵な街並み
  
  ただ坂がかなりキツイ...
  写真を撮るのにうろうろ~
  かなり足に堪えた...。

灘目の水車 灘目の水車


【灘目の水車(なだめのすいしゃ)】
東灘区の山手、住吉川流域には、江戸時代から水車小屋が多く立ち並び、水車業が盛んで油絞りや製粉、酒造りのための精米に使われてきた。最盛期には100基近くあった水車は台風で流れたり、電力の発展で衰退していった。しかし地域の歴史を残したいという住民の希望により2002年に水車と水路のある親水空間として整備された。水車は大小2基あり、それぞれ「山田太郎車・次郎車」という愛称がつけられている。
第18回神戸景観・ポイント賞 まちなみ賞の選ばれている。


阪急「御影」駅より北東へ徒歩約15分
JR「住吉」駅より北へ徒歩約20分
市バス 31、38系統「白鶴美術館前」下車南へ徒歩約3分

テーマ:関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山) - ジャンル:地域情報

  1. 【東 灘 区】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。