神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




つくはら湖畔の紅葉  (北区) :: 2009/12/04(Fri)
2009.12.4


”つくはら湖” の湖畔が綺麗に紅葉している
展望台に車を停めて、しばし秋の景色を眺める



              【衝 原 (つくはら) 湖】

つくはら湖





お寺の境内にあるような、真っ赤な燃えるようなもみじではなく秋の山の色
色エンピツの ”山吹色” ってこんな色だったっけ?

つくはら湖の近くにある 現存する日本最古の民家 ではないかといわれる
”箱木千年家” の後ろの山も、すっかり秋の色に染まっている

つくはら湖




のどかな山間の景色....小春日和に一日。 
用事の合間のつかの間のほっこりした贅沢時間~

つくはら湖



【衝 原 (つくはら) 湖】
三木市志染町三津田と神戸市北区山田町衝原(つくはら)にかかる湖。志染川(別名:山田川)を堰き止めて造られた呑吐(どんど)ダムの貯水池。湖水面積、1.05km²。
呑吐ダム沿いの県道は、神出、山田サイクリングコースの一部になっている。
ダム建設前には志染川、山田川上流に大小の滝があり、それらが川の水を呑んで吐くことから「呑吐の滝」と呼ばれていた。その名を取って呑吐ダムと名付けられた。

【箱木千年家】
箱木家住宅(はこぎけじゅうたく)は、北区山田町衝原(つくはら)にある歴史的な建築物。国の重要文化財(1967年指定)。指定名称は「箱木家住宅」であるが、「箱木千年家」の通称で広く知られる日本最古と推定される民家の一つ。母屋、離れ、築山、中庭、納屋、土蔵等で構成される。現在は、重文の「おもや」「はなれ」は隣接している資料館と共に公開されている。
1977年(昭和52年)までは実際に住居として使用されていたが、呑吐(どんど)ダムの建設により旧所在地が水没するため1977年から1979年に掛けて、現在地に移築された。


****************************************************************************

箱木千年家
住所/神戸市北区山田町衝原字道南1-4
電話/078-581-1740
開館時間/9時~18時 (冬季は17時まで)
休館日/12月29日~1月1日
料金/ 大人300円 小・中学生 150円 
駐車場/ 普通車15台 無料

テーマ:関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山) - ジャンル:地域情報

  1. 【北   区】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。