神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




旧ハッサム住宅 (中央区) :: 2009/05/04(Mon)
2009.5.4


先週、 「相楽園」 のつつじを見に行った。 
秋には修復中だった旧ハッサム住宅が装いあらたに公開されていたので見学する。
平成19年から1年かけて行われたそう。


              【旧ハッサム住宅】

旧ハッサム住宅





緑と白を基調にした建物は、先日見学した王子動物園にある 「ハンター邸」 とにた雰囲気。

旧ハッサム住宅





1年余りをかけて行われた修理では、屋根の葺き替え、天井の漆喰の塗り替え、
外部塗装窓やドアの歪みの調整など、大々的に行われたそう。 
外壁の緑が鮮やかでとても綺麗~

旧ハッサム住宅 旧ハッサム住宅





居間やダイニング。 調度品も素敵~♪ チューリップ型の電燈はこう言う家でないと似合わない。
2階建ての家の特徴は、1階は接客を兼ねた応接室や食堂があり、2階には寝室、浴室など
生活の場になている。 厨房や使用人室は別棟にあるという、いかにも外国人のお宅と言う感じ。

旧ハッサム住宅

旧ハッサム住宅 旧ハッサム住宅





前庭のガス燈は、明治7年頃旧外国人居留地に建てられたものでそう。(現在は電灯に改造)

旧ハッサム住宅

現在は、2階の窓から ”相楽園”の緑が眺められ、緑の中の緑の邸宅~



【旧ハッサム住宅】
インド系イギリス人貿易商 K.ハッサム氏の自邸として明治35年に中央区北野町2丁目の高台(現ラインの館北側)に建てられた。昭和36年に湯治の所有者だった神戸回教寺院から神戸市が寄贈を受け、昭和38年に現在の場所に移築保存された。
平成19年から1年余りをかけて修理し、深い緑の色は、外壁に使われた塗料の調査で判明した建築当初の色を再現している。

***********************************************************************

旧ハッサム住宅 (相楽園HP)
住所/神戸市中央区中山手通5-3-1 「相楽園」内
電話/078-351-5155
旧ハッサム住宅の問い合わせは、神戸市教育委員会文化財課
住所/神戸市中央区加納町6-5-1
電話/078-322-5798
4月18日(土)~5月24日(日)まで内部を公開 (休園日除く)

テーマ:関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山) - ジャンル:地域情報

  1.   +(相 楽 園)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。