神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




いかなごのくぎ煮 :: 2008/03/22(Sat)
2008.3.22


明石から神戸に春を告げる季節の風物詩として "いかなごのくぎ煮" があります。
いかなご漁が解禁になると、台所の換気扇からくぎ煮を炊く匂いがしてきます。。。


        
  【いかなごのくぎ煮】   

1_20080325091915.jpg






神戸の台所と言われる「東山商店街」の魚屋さん.
毎年「いかなご」をキロ単位で買い求めるお客さんの行列が出来ます。

今年の初値は1kg1500円位だそう。

2_20080325092443.jpg 3_20080325092521.jpg






生姜入りや山椒入り、その家々独自の味があり、知人や友人に配る風習があります。
我が家にも、いただき物や買ったものなど何種類かの味の「くぎ煮」が冷蔵庫に入っています♪

3_20080325093412.jpg 1_20080325093455.jpg



【いかなごのくぎ煮】
瀬戸内海沿岸では、2月下旬頃からいかなご漁が始まる。漁期が2月下旬から3月下旬までと短いため、この時期に捕れたいかなごをくぎ煮(佃煮)にして保存食にする。この時期になると神戸を中心としたホームセンターやスパーでは、イカナゴの特設コーナーを作り、くぎ煮を作るための材料と、保存容器を販売する。郵便局の「Xパック」は同じ料金(500円)で、いかなご用のタッパーが付いてくるのも、この時期ならでは。宅配便ののぼりには、「いかなご宅急便」と書かれる。
名前の由来は、炊きあがった姿が「折れ曲がったさびた釘」に似ているところから名付けられたなど。

テーマ:近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル:地域情報

  1. ☆ 神戸いろいろ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。