神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




清盛ゆかりの地 兵庫区散歩道シリーズ 大輪田泊編 ① :: 2012/08/21(Tue)


お盆休みの間、blogは北海道旅行をUPしていましたが、
午前中にblogを書いて、午後にお出掛けしてました
視聴率が7%台にまで落ちてしまった「平清盛」ですが、
せっかくのゆかりの地なので、この機会にまわっています。


兵庫区民まちづくり会議発行の「兵庫区散歩道シリーズ」 

大和田泊編
  パンフレットは、兵庫区役所の1階に
  置いてあります。
  地図と史跡の解説の他に、距離や所要時間
  コース付近の見所や公衆トイレの案内がが
  載っています。
   
  前回はシリーズの「福原京」を参考にまわりました。
  今回は、「大輪田泊 清盛の日宋貿易の港をたずねて」
  を参考にモデルコース1.9km、消費カロリー57kcalを
  今回もまた自転車で行って来ました 
 




スタートは、地下鉄・海岸線の「中央市場前」または「和田岬」のどちららかから回るコースになっていますが
JR兵庫駅からでもスタート出来ます。私は、中央市場側から和田岬に向けて、今回も途中でランチをとる
コースでまわりました。(私は自転車でまわりましたが、所要時間は徒歩での時間を記載しています。) 




スタート

中央市場前駅から徒歩約3分、来迎寺(築島寺)に向かいます。
途中の水門には、いつまにか清盛塚の写真が書かれていました。


築島橋





築島橋を渡ると直ぐ左手にお寺があります。


  




:: :: 来迎寺(築島寺) :: :: 

築島寺

平清盛が大輪田泊に進出したのは応保2年(1162)頃、清盛は風よけ、波よけのために
経ヶ島と呼ばれた人工島を築きました。人工島の建造が難工事だったため、経文(きょうもん)を
書き写した石を海に沈めたところからきています。(経文=お経)





◆◆ 松王丸供養塔 ◆◆

築島寺

清盛が経ヶ島を築造する際に、暴風大波のため工事が難航したました。海神の怒りをなだめるために、
30人の人柱を立てることになりましたが、17歳の松王丸が申し出て人柱になったと言われています。
二条天皇の勅命により建てられ、念仏の道場とされたと言われています。



築島寺

  その右隣りには、清盛に寵愛を受けた
  愛人 奴王(ぎおう)と奴女(ぎじょ)の
  お墓もあります。






~ 来迎寺の前流れる運河の風景 ~

今は渡船や釣り船が係留されています。私が子どもの頃は、船上生活をしている人がいて
船上に洗濯物が干され、夕方になると夕餉の支度に七輪で魚を焼いている光景がありました。


築島寺
 



来迎寺から運河沿いを歩いて1分。。。






:: ::  古代大輪田泊石椋 :: ::  

石椋

大輪田泊は、奈良時代に行基が修築したと伝えられ。遺唐使船の寄港地や平清盛の日宋貿易の拠点と
なりました。この巨石は昭和年の新川運河の工事の際に出土し、清盛が築いた経ヶ島の一部ではないかと
言われましたが、その後のしらべで、奈良時代後半から平安時代中頃の古代のものと推定されます。
石椋(いわくら)は、石を積み上げた防波堤や突堤の基礎などの港湾施設。






運河沿いを歩いて徒歩約2分


 




入り江橋の上の 「清盛くん」 

清盛くん

「清盛がいなければ、現在の兵庫の発展はなかった。」と地域のシンボルとし平成17年に入り江橋に
設置されました。初めは清盛くんだけでしたが、最近は年表も設置されましたね。




:: :: キャナルプロムナード :: ::

新川運河

入江橋から大和田橋、清盛塚までキャナルプロムナードを歩いて徒歩約5分です。

さて、この後はランチです
すぐ目の前に中央市場があるので、そちらでいただきます。
 
 


********************************************

来迎寺(築島寺) 
神戸市兵庫区島上町2-1-3 拝観自由 
神戸市営地下鉄・海岸線 中央市場駅より徒歩約3分

来迎寺は清盛七辨天のひとつです。
(209.8.19 兵庫七辯天 ー来迎寺(築島寺)ー 「松王丸くん」のblog)→ 


テーマ:近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル:地域情報

  1. 【兵 庫 区】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。