神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




トルコ・イタリア旅行 Ⅹ -「ナポリを見て死ね」の言葉を信じて- :: 2011/12/29(Thu)
今回の旅行の最後の都市になりました。
日本を出発して13日目、ナポリで2泊して日本に帰国します。


こんなに長い旅をするのは初めてだし、仕事を休み帰国すれば季節も月も替わるのは
少し不安な気持ちも。。。 そして旅行が終わるのだなぁという寂しさもナポリに到着して感じました。
 


アマルフィからバスでサレルノへ戻り、そこからナポリまで列車で行きます。
サレルノ発(14:29) → ナポリ着 (15:02) (一人€8.5)

ナポリはガイドブックの評価が両極端に分かれます。治安が悪く汚い、イタリア人も舌を巻くほど
調子がいいのがナポリッ子というのと、とても親切な人が多く、お調子者でも憎めない男性と、
情け深くたくましい女性。 良くも悪くもイタリア人が凝縮された町と表現されます。


中央駅周辺は特に注意が必要と書かれたガイドブックを片手にナポリ駅に到着。
心配することなくホテルは駅の目の前のありました 



+++ Starhotels Terminus +++

ナポリホテル1

4つ星ホテルですが、かなり傷んでいるところも多さが目立ちました。
駅前の立地からビジネスマンも観光客も多く、ホテル周辺にもレストランが
たくさんある場所ですが、その分ホテルの前で勧誘などの声を掛けられることも多いです。






朝食は1階のレストランで。 パンとチーズが定番です。

ナポリホテル2




町を歩くとこんな光景も。。。
落書きとゴミの町 ^^: が正直なナポリの印象です。

ナポリ1





下町の市場のお兄さんの陽気な掛け声に触れたり

ナポリ2





のんびりワンコに出会うと、少しずつ緊張感もほぐれてきました。
ナポリ3





+++ Duomo(San Gennaro) +++

ナポリ4




ナポリの守護聖人サン・ジェンナーロを祀った教会。
(無料で見学することが出来ます。)

ナポリ5




教会の中に入ると、外の喧騒がうそのように静か。。。
ナポリッ子は必要以上にクラクションを鳴らす気質のようです ^^:

ナポリ6




+++ Castel Nuovo (ヌオーヴォ城) +++

ヌォーヴォ城1

5つの円筒状の塔を持つ城壁で囲まれたお城。
入場しませんでしたが、内部は市立博物館になっています。






高台からナポリの景色を一望。サンタルチア通りは高級住宅街だそう。

サンタルチア5


高台から下りて、サンタルチア通りを歩きます。
サンタルチア通りから見る卵城。



+++ Castel dell’ Ovo (卵 城) +++

サンタルチア3

海に張り出して建てられた12世紀の古城。
サンタルチア通りは、ジョギングをする人や散歩をする人も多く、そのお客さんを目当てに
売店も出ていたり、ナポリの町中とはまた違ったゆったりとした雰囲気があります。




サンタルチア通りのカフェで休憩 
モッツァレラチーズとトマトの盛り合わせ。

サンタルチア2

時間が3時という中途半端な時間もあったのでしょうか、お客さんは少なくグラスのシャンパンを
サービスしてもらいました。 ワインハーフボトルとモッツァレラチーズで€20でした。




夕暮れまで。。。

この景色が 「ナポリを見て死ね」 と言われる景色でしょうか。。。

サンタルチア4

「Vedi Napolie poi muori!(ナポリを見て死ね!)」 ナポリを見ずして「恋」も「人生」も
「芸術」も、そして「死」さえも語れないのだそう。
darlingはこの言葉を信じて、今回最後の都市に選びました。
ローマほど観光する場所もなく、治安などに不安を感じながらも
サンタルチア湾から眺める景色はこの旅の最後の場所に相応しいのかなぁと思いました。

次回はトルコ・イタリア旅行最終回。
マルゲリータ発祥のお店でマルゲリータを食すにつづく。。。


=====================================


Starhotels Terminus
Piazza Garibaldi 91 Napoli Italia
ナポリセントラル駅より100mの立地。
2泊2朝食で¥20379でした。
ホテルの予約はvenere.comから予約しました→(


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. ☆海外旅行



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。