神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




トルコ・イタリア旅行 � -アマルフィでのんびり過ごす- :: 2011/12/27(Tue)
アマルフィへ行くためにローマから列車に乗りサレルノへ。
ローマ(テルミニ駅)発 9:38 → サレルノ駅着 12:30



こちらの列車の切符は日本でNet購入しました。
座席番号まで決めて予約することが出来ます。
(日本の新幹線と同じ感じです。)


シートも広く快適でした。 (料金は、一人 €33.5)

サレルノ2




サレルノ駅前からバスでアマルフィへ移動します。
駅のキオスクで行き先を伝えれば、それに合わせた乗車時間の切符を販売してくれます。


+++ サレルノ駅 +++

サレルノ1

30分に1本くらいあるらしいのですが、1時間以上待ってようやく来たバスの乗り込みました。
アマルフィまでは、SITA社の観光バス型の青いボディーのバス。スーツケースがある場合は
自分でバスのお腹に勝手に積み込みます。路線バスなので一般の人と観光客が一緒に乗り込みます。
1時間10分~1時間30分くらいで終点のアマルフィのバスターミナルまで乗ります。(€3.6)






アマルフィの町からホテルまではタクシーで。
相場がわからずボラれてしまいました ^^:


+++ Villa Maria Luigia +++

アマルフィホテル1

アマルフィの中心(バス停)からホテルまでは車で5分の距離。
タクシーはメーターではなく交渉になります。アマルフィ→ホテル €20でした。
帰りはアマルフィ→ホテルで荷物をピックアップ→アマルフィで同じ€20でした。
帰りのタクシーの運転手さんにも、€20はチップ込みじゃないと言われましたが
それは交渉の時にちゃんと話しているので無視しました。。。*^^*






こじんまりした景色の良いホテルです。

アマルフィホテル2




水周りもタイル張りで清潔。
ヨーロッパではビデがあるのが特徴です。

アマルフィホテル5


 


部屋から見るアマルフィの夕日。。。

アマルフィホテル4




朝食は1階でいただきます。
お天気がいいのでテラス席で♪
とてもシンプルな食事ですが、朝日に包まれて最高の朝食に 

アマルフィホテル6

海のリゾート地のアマルフィにはシーズンがあるようです。こちらのホテルの宿泊客は私たちだけで
チェックアウトの日、12時ホテルを閉め次のシーズン(春?)までクローズすると言っていました。
 






ホテルからアマルフィの町まで徒歩約30分。
行きは下り坂が続くので、帰りのことを考えると。。。 ^^:
アマルフィホテル7




●●●●● アマルフィの町 ●●●●●


町の人と観光客とが入り混じる通り。。。
温暖な気候でのんびりリゾート気分も味わえます。

アマルフィ1





町の入口のドゥーモ広場

アマルフィ3





細い路地にはお土産物屋さんなどの商店が並び上を見上げれば洗濯物が干されていたり、
リゾート地でもあり、生活の場所でもあるアマルフィの町は、ゆったりした時間が流れます。

アマルフィ4





特産品はレモン 
レモンを使ったリキュールや石鹸のお土産物。

アマルフィ2





ランチはドゥーモ広場に面したリストランテで。

アマルフィ8

アマルフィ滞在中は、ランチも夕食もドゥーモ広場に面したリストランテでいただきました。
パスタやリゾットなどの単品は日本円で1000円前後です。






アマルフィのワンコ♪

アマルフィ5





細い路地や階段を通り抜けると住宅があったり
レストランがあったり。。。迷子になりそうです。

アマルフィ6





  アマルフィの滞在中食べたジェラートやレモネード 

アマルフィ9





近くには陶器の生産地もあるので陶器のお店がたくさんあって
私にとっては、またまた幸せな場所です。

アマルフィ7

==============================

Villa Maria Luigia
Via Mauro Comite 48 Amalfi Italia
3泊3朝食付き €285 アマルフィのバスターミナルから徒歩約30分。車で約5分。
宿泊シーズンがあります。

ホテルの予約はVenere.comからしました→(


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. ☆海外旅行



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。