神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




トルコ・イタリア旅行 � -モスクの凄さに酔う編- :: 2011/12/21(Wed)
ホテルで朝食後、テクテク歩いてスルタンアフメット広場へ。
ここからはニュキニョキとミナーレが立つふたつの巨大なモスクが見えます。 
そしてその後に行く地下宮殿へも通りの向こう側というイスタンブールの中心。

最初に入ったモスクは現在は博物館になっています。
ヴァチカン市国のサンピエトロ大聖堂が出来るまでは一番大きなキリスト教のモスクだったそうです。




+++ Ayasofofya Muzesi +++

アヤソフィヤ1

537年キリスト教会として造られた。1453年にオスマン朝の首都とたるとイスラム教の寺院に
変えられた。キリスト教のモザイク画も漆喰で塗りつぶされたが、破壊されることは無かった
ため、近年では、モザイク画の復旧が進み、2つの宗教が同居する博物館になっている。
(入場料 大人 20TL)





朝の光がステンドグラスから差し込みます。
(建物が大き過ぎて切り取りでしか写真が撮れないのが残念)

アヤソフィヤ4





朝一番に並んで入場しただかあって人もまだ少なく静かな時間が流れます。

アヤソフィヤ2




聖母マリアのモザイク画とアラーの文字を一緒に見ることが出来ます。

アヤソフィヤ3




トルコらしいゆる~い雰囲気も ^^:

アヤソフィヤ5





夜にはライトアップされますます幻想的な町になります。

アヤソフィヤ6




スルタンアフメット広場で出会ったニャンコ♪

ネコ


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●





アヤソフィアから道を挟んで向こう側に地下宮殿と呼ばれる場所があります。


地下宮殿1
   入口は地味で、並んでいる人が
   居なければ通り過ぎてしまいそう。

   地下宮殿と呼ばれていますが
   実際は4~6世紀に造られた
   貯水池。
   全体は縦140m、横70m高さ8m。
 
   (入場料 大人 10TL)
  




+++ Yerebatan Sarnici +++

地下宮殿2





地下宮殿にあり不思議な柱。(すすり鳴く柱)

地下宮殿3






貯水池の柱にメドゥーサの彫刻。。。
地下宮殿と呼ばれても不思議じゃないかも。

地下宮殿4





地下宮殿から出て来てちょっと休憩です♪
地下でお茶をするよりは、やっぱり太陽の下で飲みたいです 


スルタンアフメット広場の近くのカフェで。
トルコアイスのパフォーマンスを見ながら。。。

イスタンブールカフェ



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●




そしてもう一つのモスクへ。。。
アヤソフィアは現在は博物館なので入場料が(20TL)がいりますが
こちらは現在もモスクなので礼拝の時間以外は自由に入場出来きます。



+++ Sultanahmet Camii +++

ブルーモスク1





国の花でもあるチューリップの模様の装飾がとても可愛い♪

ブルーモスク3

トルコに着て思うことは、何もかもスケールが違うということ。
ブルーモスクのドームだけでも大小合わせて35個。柱の太さは5m!!
圧巻!凄い!はぁ~ と言葉では言い表せることが出来ない世界に浸ることが出来ました。






「スタンアフメット・ジャーミィ」地元の人はそう呼ぶけれど
観光客は「ブルーモスク」と呼び、トラムなどの案内にも降りる駅にブルーモスクと書かれています。

ブルーモスク2

入口で寄付をして、靴を脱いで中に入ります。
肌を多く露出した服装では入れないのでスカーフを巻いたり借りた布を巻きます。




●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●




そしてトラムヴァイに乗って旧市街と新市街の間までやって来ました。
ここは眺めのとても良い所で、ゆっくりお散歩するのにちょうどいい場所♪


旧市街と新市街の間にある金角湾。
橋の上は歩いて渡ることもできます。

金角湾2





darling はどんな魚が釣れるのか気になって仕方ない様子。。。

金角湾3





旧市街から新市街を眺める景色。
たくさんのクルーズ船もここから出航しています。

金角湾1

2泊3日のイスタンブール滞在も終わりです。
見所が多く、大自然の不思議と素敵な建造物に感動しっ放しでした。
イスタンブールの中だけでも、まだまだ十分にまわりきれず2週間全部を
トルコ周遊してもよかったんじゃないかと思うほど素敵なところでした。

次回はイスタンブールからローマへ向かいます。
ローマでローマの休日を過ごすにつづつ。。。




テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. ☆海外旅行



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。