神戸日和

大好きな「神戸の街」の色んなことを書いています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




トルコ・イタリア旅行 Ⅱ -トルコ・カッパドキア観光編- :: 2011/12/19(Mon)
トルコを旅行先に決めてから、タイムリーに世界弾丸トラベラーでトルコのカッパドキアの
放送がありました。 イスタンブールとは違って初めて見るカッパドキアには驚き!!
カッパドキアは予定に入れてなかったけれど、急きょ行程を変更してやって来ました。


2日目カッパドキアの観光は、「TRAVEL DONKEY EUROPE」 を通して
日本語の話せるガイドさん付きのツアーにしました。
この日は私たちだけの参加でした♪




最初に観光した場所は。。。。



なんだこれ~
世界にはまだまだ知らない場所があるんだなぁ~

が率直な感想。。。

『親子のきのこ岩』

カッパドキア観光1

出発前に世界弾丸トラベラーで見るまでは、こんなところがあるのかさえ知りませんでした。
名前の付け方は色々あるようで、私たちのガイドさんは「親子のきのこの岩」と言っていました。
左側の岩の真ん中辺りに見える岩が、お母さんが子どもを抱いているようにみえるからだそうです。
私の持って行ったガイドブックには、「三人娘の岩」と案内されていました。





車の中から延々と続く奇岩を見ながら移動します。
洞窟もビックリですが、きのこの岩がニョキニョキある景色も驚きです 




次に訪れた場所は、 『カイマクル地下都市』

カッパドキア観光2

入口は近代的に自動改札になっていますが、中は狭い通路や階段に部屋がある地下都市が
広がっています。狭くて暗いので上手く写真を撮ることが出来ませんでした ^^:
ガイドさんにワインを作る部屋だとか、寝室や台所など説明を受けながら歩きます。




地下都市の入口と駐車場までの道にお土産物屋さんが並びます。
こちらではお店のおじさんのお母さんが編んでいるという靴下を購入しました 

カッパドキア観光3





*** ピジョンバレイ ***

カッパドキア観光

なめらかな岩肌に無数に開いている穴はハトの巣だそうで、ハトのフンはこちらでは
高級な肥料になることから、とてもハトを大事にしているそう。





ランチは洞窟レストランで♪
ツーリスト向けの大箱レストランのようです。

カッパドキアランチ1




世界各国から観光客がいるようで、私たちの周りだけでも7カ国くらいの人がいました。

カッパドキアランチ2




こちらでも、テスティ・ケバブの説明とパフォーマンスがありました♪

カッパドキアランチ3





「クル・ファスリエ」は白インゲンをトマトペーストで煮込んだ家庭料理。
味付けが濃い目なので、パンを食べながらいただくのが良さそう。

カッパドキアランチ4




昼食後はまた奇岩を見に。。。


+++ ギョレメ野外博物館 +++


カッパドキア観光4





不思議な世界。。。

カッパドキア観光5





何千年もの時間が創り上げたもの。。。

カッパドキア観光6





見える人によって見えるものが変わったり想像が違ったり。
そして、この先また何千年もすると違った形に変化して行く。。。

カッパドキア観光7

カッパドキアの風景は、エルジエス山の噴火によって出来たもの。火山灰が降り積もった柔らかい
凝灰岩は早く風化し、硬い溶岩の地層が残ったために頭が大きいキノコ岩の形になったそう。
4世紀ごろからキリスト教徒が住むようになり、洞窟教会にはたくさんのフレスコ画が残されている。
(教会部分は撮影禁止でした。)1985年世界遺産に登録されました。


私たちだけなので、時間も時に決めれれず、車に戻って来たら次の場所へ出発する
ツアーは気を使わなくていいのでとても楽でした。
観光地ではたくさんの日本人の方がいらっしゃるので、写真を撮ったり撮ってもらったり
トイレも観光施設やレストランで利用すると清潔で綺麗でした。

ガイドさんからお話が。。。
「日本からいただいたメールによりますと、絨毯屋さんにはどうしても寄りたくない
ようですね」(笑)
「そこで...トルコ石のお店か陶器屋さんに立ち寄るのはいかかでしょうか?」と。
darling がトルコ絨毯のお店だけは行きたくないので、前もってメールしていたそう。


陶器屋さんには興味があるので陶器屋さんを選択して寄ることにしました。
どちらも断っていたら寄らなかったのかなぁ~と思いつつ。




:: :: Chezgalip :: ::

カッパドキア陶器1




外観は殺風景な田舎の中にある建物です。
陶器が出来るまでの行程を絵付けまで見せていただけます。

私も足ロクロ体験させていただきました。

カッパドキア陶器2





扉が開くとド~ン!!
美術館のような世界が広がっています。

 私のテンションは上がりまくり 

カッパドキア陶器3

絨毯屋さん程ではないと思いますが、この後買い物はしない!!と心に誓って
額縁に入ったタイルやサラダボウルなどを購入。
今年はお誕生日プレゼントも食事もなかったので、その代わりにだとか 




最後に 『ラクダ岩』 と呼ばれる奇岩を見てツアー終了です。

ラクダ岩

最後の最後まで不思議な世界に迷い込んだようでした。



本当はカッパドキアにわざわざ来たのは、この奇岩を気球に乗って見ることが出来る気球ツアーが
あったからです。弾丸トラベラーをご覧になった方はご存知でしょうが、テレビで見るだけでも
感動ものでした。残念ながら天候が悪く、ツアーが催行しませんでした。
(バルーンツアーは何社もあって、協定があるのかこの日は全社中止になっていました。)
次への宿題に残して、いつかまたバルーンツアーに乗りに来るぞ!!と心に秘め2泊3日のカッパドキア
滞在は終わります。


トルコ魅惑の都市イスタンブールへ続きます。。。


=======================================

カッパドキア専用車日本語観光を手配した会社
TRAVEL DONKEY EUROPE  (hp)  
ホテル送迎・入場料・昼食代・日本語の話せるガイド付き 一人$116

今回は催行中止になりましたが、バルーンツアーはKAPADOKYA BALLOONSで一人$180でした。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. ☆海外旅行



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。